fbpx

20141212 citypromo2

リレー・エッセイ 第42回 暖冬!

Image

暖冬!

今年の冬は寒くない!というか「暖かい!」

厳冬期である1月のスキー場に、雪ではなく「雨」が降るなんて想像もしておりませんでした。

 それでも私が勤務している「エイブル白馬五竜スキー場」では、企業努力もあり12月下旬から全山滑走可能な状態でおります。

 近隣のスキー場では、雪不足により滑走エリアに制限が設けられたことにより、年末年始はスキーブームの頃を思い出させる大混雑に。スキー場としては来場者が増えることはありがたいのでしょうが、我々インストラクターとしては、レッスンする場所も確保するのに難儀するほど。。。
それでもここに来てまとまった降雪もあり、近隣のスキー場でも滑走可能エリアが拡大してほっとしている状況です。

 街中で生活している限りは、雪が少ないのは非常に楽で助かりますが、高温状態の影響で農作物の成長は非常に心配な状況が想像されています。

 平年であれば5月上旬に開花するりんごの花、今年はゴールデンウィーク前に開花するのではないかと想像しています。開花時期が早まると遅霜に当たる可能性が。めしべの形成期に一定の温度以下の気温になると、めしべが受粉不可能な状態になってしまい、花が咲いても受粉できずにりんごへと成長できません。そうなると非常に深刻な事態となります。

 このエリアへの降雪は、地域の重要な「水」の備蓄です。山への降雪が少ないと春から夏の時期の水不足が心配されます。水が不足すれば当然のことながら農作物への影響が心配され、結局は一般市民の食生活に大きな影響が。

 何事にも平年並みというのは大事なことだとつくづく考えさせられます。

Image


塙 慎一(大町市定住促進アドバイザー)